転職は遠い未来を想定してから

どもりも愛すべきすばらしい個性

私の知人にやや重度のどもりの男性がいます。
でも、彼は自分のどもりを個性として上手くつきあっているとてもステキな人です。

 

どもりの人の中には、それを苦にして人とのコミュニケーションを避けてひきこもりがちになってしまったり、
自分を好きになれずにマイナスの方向へいってしまう人もいるかと思います。
ところが、彼の場合は友達も多く人に愛されるキャラクターで、仕事もたくさんの人と接することをしています。
就職活動も積極的ですぐに内定をゲットしていました。

 

どもりの原因はあまり詳しく解明されていないようですが、精神的なことから症状が重くなるケースが多いです。
気にすればするほどどもりが激しくなる傾向があるようです。
もちろん彼の場合もそうで、初対面の人相手の場合はどもりが激しくなりますが、友達とカラオケへ行くと全くどもらずにすらすらと歌います。つらい悩みにどもり 治療朗報です!

 

完治はなかなか難しいようですが、精神的に安定した生活を送ることがカギのようですね。
そして周りも、それを個性と受け止めることが大切です。
彼はどもりがあるからこそたくさんの人に好かれ、また自分と向き合って生きています。