転職は遠い未来を想定してから

どもりを治したい!!

 こんばんは!!突然ですが、友だちからお茶に誘われました。安心のどもり 原因お任せ!
こんな時は、「あ〜、何か子どものことで相談事があるんだなあ。」とピンときました。
 お茶に行くと、「子どもがどもりのような、そうでないような気がする。」っていうんです。それで、「あっあっあれ、ちょうーだい!」とか「わ、わ、わたしが…」みたいにことばの最初が詰まるのかな?って思ったら、「文の最初や区切りの最初でとにかく言いにくそうにしている。だから、話すことを途中でやめてしまうように見える。」と言うのです。
 実は、私の子どもも3歳児検診の歯科診察のときに、「先生、したあごがでていて上の歯と下の歯の噛み合わせが逆なんです。すごく話しにくそうです。」と育児相談したときがありました。そのときは、「乳歯は、抜け落ちるから永久歯になったときに噛みあわせが悪ければ、矯正をオススメします。」と言われたよ…と伝えると、友だちの子供も“歯並び(噛みあわせ)”がものすごく悪いと言っていました。
 よく、厳しすぎると吃音がでたりどもる…と聞いたことがあるのですが、歯そのものの環境が悪いせいで『話しにくい』状態になっているのではないかなって思っています。
 小さな子どものどもりの場合は、専門家の先生と相談しながら、ゆっくり良い環境で、ストレスをなくしたり歯列矯正をしたりして気持ちの良い毎日をおくれるようにしてあげてほしいなと思いました。
 それでは。お探しの情報はどもり 原因このサイトから