転職は遠い未来を想定してから

たった3球でもわかるプロ野球のおもしろさ

 プロ野球でピッチャーがどこへどんな球を投げるかの配球は、そのときどきで全然違います。それはキャッチャーとのバッテリー間で決めていることであり、それを考慮しながら観るとプロ野球の試合が一段とおもしろくなります。

 

 たとえば、バッターに対して2球続けて内角のストレートでストライクをとったとします。それが空振りであれ見逃しであれストライクをとればピッチャー優勢となり、バッターは追い込まれた状態です。ですが、調子に乗って3球目も同じ内角のストレートを投げれば、さすがに合わせられて打たれる場合が多いです。つまり、プロ野球では3球続けて同じ球は投げないほうが良いということで、そういうときは外角へ1球外すのが定石です。

 

 ただ、それにも例外があり、ピッチャーが絶好調のときは3球勝負で三振になることもあります。その辺は臨機応変に対応しなければいけません。このように、たった3球でもプロ野球の試合は楽しむことができ、そういうところがとてもおもしろいのです
相談する際にはプロ野球 まとめのサイトをご覧ください。